2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
一番右が「至」teaとなります。
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-
2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-

2021 八女深蒸し煎茶  "至"  -Itaru-

Regular price ¥1,650
/
税込/Tax included.

サイズ

奥八女と称される、福岡県・八女市矢部村の

標高700mの茶畑で作られる日本茶はまさに天空の味わい。


見た目は深みどりの繊細な水色を出す一方で、

飲むとどっしりとした甘みと香りが特徴的。

寒暖差のある気候だからこそ出来るこの味わいは

まさに"大人の煎茶”です。


八女市矢部村の「天空の茶畑」と称されるその場所は、

日夜の寒暖差が激しく、春から夏にかけては朝霧も立ち込める、

日本の原風景がたっぷりと詰まった美しい場所です。


その寒暖差、

そして八女市内が年間1,400-1,500mmの雨量に比べて

年間3,000mmもの降水量がある地域のため、

茶葉がたくましく育ち、

まろみと旨味がしっかり葉に蓄えられます。


九州地域は「やぶきた」や「さえみどり」という茶種と相性がよく、

青みがかったお茶がよく育つことが特徴として挙げられますが、

まさに「やぶきた」や「さえみどり」にとって矢部村の土壌は最適。


市内でも珍しい赤土の土壌のため、

香りも強く、飲んだ瞬間一気に爽やかな煎茶の香りが鼻に駆け抜けます。


自然環境の良さから外国から渡鳥も訪れるほどの矢部村。

地元の土壌、矢部川の水源をたっぷり使い、自然肥料で丁寧に育てられた

煎茶をどうぞお楽しみください。


朝茶としての一杯としてもおすすめです。



○かぶせ茶(藁をかぶせて栽培)

○深蒸し製法

○減農薬栽培

*配送は、毎週ご注文の翌週月曜の発送となります。
お急ぎの方は一度、nativetearoom@gmail.comまでご連絡ください。



【おすすめの飲み方】

・温茶の場合

量:3g/1人

温度:70-80℃

時間:1分半程度

湯量:60cc


・冷茶の場合

量:6g/1人 

温度:氷水を注ぐ

時間:7分(放置した場合)or 1分半(急須を回しながらの場合)


 

 

<決済方法について>

クレジットカード (VISA・MasterCard・American Express)

Paypal

Google Pay

コンビニ決済*(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ)

銀行振込*

*はアジア圏内で導入されている決済サービス「KOMOJU」と外部提携しています。

*コンビニ決済は別途手数料190円が発生します。

*銀行振込の手数料はご購入者さまのご負担となります。

あらかじめご了承くださいませ。